“横浜だがしや楽校”とは

 

最近では、子どもたちが親や先生以外の大人と関わる機会が減少してしまい、

「地域で子どもを育てる」という関わり方ができなくなってしまっている世の中ですが、
子どもたちは、いろいろな人から褒められたり、怒られることによって成長していきます。

 

だがしや楽校では、「読み・書き・計算」を中心に学ぶ “学校” に対して、

学校ではあまり学べない、「創意工夫・世代交流・共同体験」が学べる “楽校” を目指して、

子どもたちが成長できる環境を創りだしています!

だがしや楽校の流れ

 

 

まずは、だがしや楽校の受付にレッツゴー! 

 
毎年、大勢の子どもたちがお仕事をしてくれています。

 

 

 

 

子どもたちは「お仕事紹介所」でお仕事を紹介してもらいます 。

 

1回のお仕事は30分です♫

 

 

ボランティアのお兄さん・お姉さんに引率してもらい、

お仕事先に向かいます!ドキドキ(^_^;)

 

 

お店に着いたら、さぁお仕事の始まり!

 

お仕事はお店によって様々です。

一緒にプラカードを持ってお店の宣伝をしてまわることもあります!

 

 

お仕事が終わった子どもたちは「エコマネー引換所」で

エコマネー(お駄賃)をゲット !!

 

エコマネーは会場内にある駄菓子屋さんで

駄菓子と交換できるよ☆

 

 

稼いだエコマネーでは駄菓子が買えます!

どれにしようかな〜